性病を気にする男女

性病。自分には関係ないと思っていませんか?パートナーが浮気をしている心配がなくても、性病になる可能性はあります。さらに、セックスの経験が無くとも一般的に性病と呼ばれるものと同じ病気を発症する可能性は十分にあるのです。

性病の症状の特徴と情報源について

性病というのは、性行為によって細菌やウイルスなどに感染することによって発症する病気のことを総称したものといえますが、これにはさまざまな種類があります。そこで、具体的な症状にどのような特徴がみられるのかをキーにして、厚生労働省の性感染症のホームページ、国立感染症研究所の感染症情報のホームページなどから、必要な情報を検索して、病気を特定するのがよいといえます。
性病の症状の特徴としては、たとえば女性であれば、おりものが増加する、小さな水ぶくれができて痛みがある、陰部のかゆみがひどい、耐え難いような腹痛がある、排尿の際に刺すような痛みがある、発熱や体全体のだるさがある、などといったことが挙げられます。こうした特徴をおさえておくと、病院に行ったときにも医師に症状の説明をわかりやすくすることができ、結果として病気の早期治癒へとつながります。
例を挙げるとすれば、小さな水ぶくれができるというのは、性器ヘルペス感染症とよばれる性病がもっともうたがわれるもので、この病気では水ぶくれのなかでヘルペスウイルスが増殖をしており、場合によってはつぶれてただれがひどくなってしまうこともあります。こうした場合、最終的には検査によって病原体を特定するわけですが、症状からもあきらかにヘルペスウイルスのしわざであるとわかるため、抗ヘルペスウイルス薬とよばれる特別な医薬品を処方して治療にあたることになります。
このような医薬品にも種類がありますが、ふつうは錠剤タイプのもので、一定の分量だけをコップの水で服用するだけでよく、それほどの手間はかかりません。ただし、再発しやすい病気でもあるため、場合によっては症状がなくなったあとも、医薬品を予防目的で服用することがあります。